JD(情報系大学生)雑記

JD-情報系大学生-

OSの勉強再開します

今日からseccamp18の応募が始まりました。みんなに行けよ行けよと言われたので、もう何が何でもseccampに行きたい僕です。

 

早速応募課題に取り組むぞー! となったは良いのですが

...成果物,アピールできるものがなにも無いのです。

3月くらいから色々な人が「seccamp行きたい人は今のうちから何か作ったらいいよ」なんて言ってくれていたのにも関わらず、AP受験ガーTOEICガーといって何もしてきませんでした。 

...まぁそれならそれで、これから何か作ればいいよね!

と思って、成果物としてアピールできるものってなんだろうって色々考えました。が、そもそも自分のレベルとして、プログラミングを始めてまだ丁度1年くらいしか経っておらず(それに去年はそんなにガリガリとプログラム書いていたわけでもないので)、ちゃんと”使える”と言える言語ってCくらいしか無かったんです。これから新しいことを勉強して...とやっても良かったのですが、応募期間が約1ヶ月と限りがあるので、「自分が強く興味を持っているもの」「できそうなもの」からテーマを見つけようと思いました。

で、OS開発です。
昨年度、ちびちびと30日OS本を読みながら半分くらいは進めていたので若干知識があr..(ゴホン)、無いこともないかなと思っていて、1ヶ月”本気で”頑張ればある程度の進捗をうめるかな...?って思いました。まぁ実際好きだからやりたいっていうのが大きいです。最近ずっと言ってましたしいい機会です。

それで今後の流れとして(今漠然と考えていることなのですが)、ただテンプレを見ながらコードを写経してというのは得られるものが少ない...というかそこから自分のアイデアを広げていくということが難しいなと思ったので、前半期間は理論的な所からしっかりと学習をし、後半は開発メインで進めていきたいなと思っています。

 

前半期間に主に使っていきたいと思っているのが以下の2冊。

「Operating Systems Design and Implementation」

f:id:unyamahiro:20180424203003j:plain

 

「はじめて読む486」

f:id:unyamahiro:20180424203122j:plain です

(+まぁあとは必要に応じて色々)

 

どちらも大学図書館にありました。基本的にはMINIX本を使って学習をし、はじめて読む486は手引書のような感じで使って行きたいと思います。MINIXは環境を実際に手元に用意してソースコードをいじったりなどもできるので、そういうのもうまく活用していけたらと思っています。

後半期間の学習に関してはまだ特に決めていません。

 

勉強した内容はできるだけアウトプットしようと思うので、今後何度かブログにまとめるつもりです(やる気を見せつけてやるぜという気持ちが少しだけ)。サボらずに頑張ります。

 

...とまぁこんな経緯でOSの学習を再開しようと思ったよ という記事でした。